医療費通知について

医療費通知書の記載内容変更について

医療費適正化対策に対応するため厚生労働省からの指導に基づき以下の通り記載内容の一部を変更しております。

医療機関を受診した方がいる場合に隔月で配布している『医療費のお知らせ』の中で、治療を受けた方一人ひとりについて名前の下の欄に受診された医療機関・処方箋薬局の名称が記載されます。なお、個人情報保護の観点から一部医療機関名は非表示となるものがあります。(精神疾患・ガン専門病院等)

また、毎年2月初旬には前年1月~11月診療分の全ての医療費の総括版として『年間医療費のお知らせ』を作成して配布いたします。(受診内容や医療機関により、11月診療分が反映されない場合があります。)

12月診療分については3月上旬に配布します隔月版『医療費のお知らせ』にてご報告いたします。
なお、確定申告で医療費控除を申告する際には、平成29年度分より『医療費のお知らせ』を添付することで『医療費控除の明細書』の記入が省略できるようになりましたので、是非ご活用ください。

隔月で配布している『医療費のお知らせ』はその都度ご確認頂き、万一疑義がある場合には速やかに健康保険組合にお問い合わせくださいますようお願いいたします。
なお、診療報酬明細書(レセプト)の審査で、窓口での自己負担額に1万円以上の減額が判明した場合、医療機関に自己負担金の返還を求めることができます。
医療費適正化に向けて被保険者の皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

隔月の医療費のお知らせ

年間の医療費のお知らせ