インフルエンザ予防接種費用補助・よくある質問

領収書はどんなものでも構いませんか。

領収書・レシートなど医療機関より色々な形式がありますが、予防接種を受けたことがわかれば差し支えありません。
被保険者への案内にもあるように、インフルエンザ予防接種と領収書に記載してもらうようにしてください。

  • 領収書の宛名は、接種を受けた方の氏名(フルネーム)となります。
  • 特に、領収書がご家族の分を合算して発行されている場合は、接種者の氏名・単価がわかるように記載してもらうよう医療機関に依頼してください。
  • 通常の保険診療と同時に予防接種を受けた場合には、領収書にインフルエンザの予防接種に係る費用が明確に記載されているかご確認ください。
  • 予防接種は医療費控除の対象外ですので必ず原本をご提出ください。

公費で補助された分があった場合はどうなりますか。

市区町村による公費補助を減じて、なお自己負担があった場合はその分について、上限3,000円の範囲で補助いたします。
市区町村により異なりますが、従来の65歳以上の方に加え、妊婦や児童向けに公費補助する場合があります。
助成の対象・金額は自治体により異なりますので、詳細は居住地の市区町村役所、管轄する保健所にお問合せください。

インフルエンザ予防接種以外は対象になりませんか。

インフルエンザ予防接種のみを対象とします。

予防接種に要した費用が3,000円以内でしたが、補助金はいくらですか。

実際にお支払になった金額になります。

インフルエンザの予防接種はいつ頃受けるのが有効ですか。

一般的に、効果が現れるのは接種後2週間後以降で、効果が持続するのは 5ヶ月間と言われています。
日本での流行は一般的には12月下旬から3月上旬と言われていますので、12月上旬までに受けることをお勧めします。

一回接種と二回接種のいずれを選択したら良いでしょうか?

一回接種でも効果があり、一回接種か二回接種にするかは接種者の意思と接種する医師の判断によります。
健康保険組合では、2回接種の場合でもお一人につき上限3,000円の補助となります。

どこで接種できますか。

地域の医療機関・かかりつけ医などで受けることができます。
ワクチンの準備のために、予約を必要とする場合がありますので医療機関へ直接お問合せください。

予防接種の料金はどのくらいですか。接種料金が違った場合、効果に違いがありますか。

健康保険組合の調べでは、全国どこの地域でも2,000円から5,000円程度で受けることができます。また、料金は違っても効果は同じです。
予防接種は自由診療ですので、医療機関により費用は異なります。予防接種は医療費控除の対象外ですので必ず原本をご提出ください。

インフルエンザの予防接種に、健康保険は適用されますか。

適用されません。したがって、確定申告の医療費控除の対象外となります。

指定の期間以外に接種した場合や、2月20日を過ぎて申請した場合は、どうなりますか。

原則として補助の対象となりません。特別な事由がある場合には、健康保険組合までご相談ください。